たこ焼き粉不要!たこ焼き生地の作り方とコツ

photo credit: RIMG0037 via photopin (license)

美味しいたこ焼きの作り方を紹介します。

基本的な生地の材料はこれ!

・小麦粉      200g
・だし       900ml
・醤油、みりん   大さじ1ずつ
・卵        2~3個お好みで

美味しさ引き出す食材(お好みで)
山芋(もしくは長芋、山芋粉)⇒⇒ ふんわりトロリさせる
片栗粉           ⇒⇒ もちもち感を出す

濃いめの出汁を作り、小麦粉以外の材料をいれます。
2 小麦粉をダマにならないように何回かに分けて入れ、よく混ぜれば生地の完成。

お好みで天かす、紅しょうが桜えびなどの具材をここで入れてしまってもいいです。
コツは生地がポタージュスープぐらいのとろみになること。
これは外がカリッと中をふわっと焼き上げるコツです。

生地が硬いと焼いてもすぐに生地が固まってしまいダマになり、ひっくり返しても綺麗なまんまるになりません。
山芋はすりおろして入れます。
大体100ccぐらいを目安に入れています。山芋の方が粘りがあってトロトロで好きなのですが
売ってない場合は長芋や山芋粉でも代用できます。

生地がふんわりトロリと仕上がるのでおすすめです。

たまごは多い方がふわっと仕上がり、味も濃くなって美味しいのでうちは3つ入れてます。
もっちりした食感が好きな方は小麦粉の6分の1くらいを片栗粉に変えて作るともっちり食感になります。
その際、ダマになりやすいので泡立て器でしっかり混ぜてください。
市販のたこ焼き粉で作っても美味しくできますが、やはり水は多めにしてだしで風味づけすることが大事です。

お好み焼き粉が余っている時も代用できます。お好み焼き粉は最初から山芋粉が入っているのでふんわりトロリが好きな方にはぴったり。美味しく出来上がります。

★焼き方のコツ

2014y11m28d_133723533

火をつけてたこ焼きプレートがアツアツになったら生地を穴に流し込んでお好みで紅しょうが、天かすタコなどを入れます。
生地を入れてからもそのまま強火でしばらく待ちます。
ここで重要なのはあまりいじらないこと。

高温でじっくり待つのが外をカリッとさせるコツです。
周りに火が通ってきてプツプツと気泡が上がってきたらくるっと180度ひっくり返します。
ひっくり返してまだ液体の生地が下に流れ込むことでまん丸の綺麗なたこ焼きが焼きあがります。
最初はぐちゃぐちゃでも何度もくるくる回しているうちに丸くなっていくので大丈夫!

形が整ったら中火にしてください。好みの焼き色まで焼いていきます。
外がカリッとしたのがお好みの場合は仕上げに油を少し入れて焼くとよりカリッと仕上がります。
ごま油も風味がついておすすめですよ。

ソース、マヨネーズ、鰹節、青のりをお好みでトッピングして出来上がり!

最初の強火で焼くところが美味しく焼くための重要な手順です。
そういった意味では火力の強いガスタイプのたこ焼き器がおすすめですね。