鉄製のたこ焼き器のシーズニングのやり方

初めにシーズニングってそもそも何?

鉄製のたこ焼き器を買ったらまず行わなければならないのがシーズニングです。

シーズニングとは鉄製の調理器具に対して最初にしなければならない処置のことです。具体的にいうと鉄板表面にコーティングされている防錆ワックスを除去する作業のことです。

防錆ワックスを取り除いたら油や野菜を使ってサビを防ぎ、表面をなめらかにします。使えば使うほど鉄板と油がなじんで、フッ素加工のたこ焼きプレートと同じくらいの少量の油でも表面がカリッと美味しく焼けるようになります。
シーズニングさえ最初に行っておけば後はとにかくどんどん使い込むことで熱伝導率のいい鉄製のプレートはテフロン加工のプレートより遥かに美味しいたこ焼きにしてくれます。

この作業をせずにいきなりたこ焼きを作ると生地がこびりついたり、何やら臭い煙が出てたこ焼きに変な匂いが付いてマズくなってしまうので必ず行うようにしましょう。

シーズニングは面倒で難しいイメージですが要点さえおさえたら意外に簡単なので手順をまとめてみました!

シーズニングで使うもの、用意するもの

    • シーズニングする鉄製のたこ焼き器
    • ガスコンロ台(直火がいいのでIH以外ならカセットコンロでもOK)
    • 油(オリーブオイルが理想的です。)
    • 食器用洗剤と洗い用スポンジ
    • 香味野菜(セロリ、ニンジン、ネギなど)
    • キッチンペーパー
    • 野菜を炒める際に使う菜箸

シーズニングの手順

2015y06m02d_154259944

    1. たこ焼き器をコンロに置いて強火にかけて空焚きを開始。
    2. 防錆ワックスが焼けてくると煙が出るので窓を開けて換気扇を回しましょう。
    3. 火にかけているとたこ焼きプレートの色が変わります。全体的にムラなく焼けるまで15分以上
    4. 温度が下がったら洗剤とスポンジでよく洗い、よくすすぎます。
    5. 再び火にかけて水分を飛ばします。
    6. オリーブオイルやラードなどの無塩の油をまんべんなくしいて香味野菜を投入。
    7. よ~く炒めます。野菜がプレート本体の鉄臭さを取り除いてくれます。
    8. 熱が冷めたら今度は水のみで洗います。
    9. シーズニング完了!たこ焼きを焼いてみましょう!サビの原因になるので今後はいっさい洗剤で洗うことは不可となります。使い終わったら全体に薄くサラダ油を塗って保管しましょう。
    10. 使い込むほどに生地がこびりつきにくくなります。鉄は熱伝導率がいいので早く焼けて外がカリッと中がふわっとした仕上がりになります。

シーズニングの注意点、ポイント

photo credit: gullevek via photopin cc

photo credit: gullevek via photopin cc

    • 最初に火にかけた時に出る煙は人体には有害なので出来るだけ吸い込まないようにしましょう。作業中は換気をしっかりして空気の入れ替えをすることが大切。
    • 防錆ワックスを落とすのがシーズニングですが、シーズニングした後は鉄板に塗られている油が防錆の役割をしてくれます。使用後はぬるま湯で汚れをしっかり落として水気をふき取り、プレートの裏表を油で薄くコーティングしたら新聞紙でくるんで通気性のいいところで保管しましょう。
      鉄は水と空気に触れることで錆びてしまいます。サビで穴が開いたりしたら使えなくなってしまうので使用後の手入れ、保管には気をつけましょう。
    • シーズニングで使う野菜については香味野菜がなければ普段の調理の際に出たクズ野菜を取っておいて使っても大丈夫です。よ~く炒めることが重要です。ニンジンの皮なども使えるので取っておくといいですね。